クリプトコッカス症|病名と症状から調べる犬の病気

クリプトコッカス症

クリプトコッカスというカビによって引き起こされる病気が、クリプトコッカス症です。どちらかと言えば猫によく見られる病気ですが、犬も発症する場合があります。免疫力が落ちているときに発症しやすいので、注意しましょう。

クリプトコッカスの主な症状

クリプトコッカス症は感染した部位によって、様々な症状が現れます。主な症状としては、次のようなものがあります。

  • くしゃみや鼻水など鼻炎のような症状
  • 鼻に潰瘍ができて腫れる
  • 息が荒い
  • 歩き方がおかしい
  • 痙攣を起こす

全身の皮膚にも、潰瘍やしこりが見られる場合があります。また、重症化すると、肺炎を起こし呼吸困難に陥ることもあるため、注意しなければなりません。この他、目の周りにも比較的症状が出やすく、目やにが多く出るようになります。病状が進むと網膜炎を発症し、やがては失明してしまう危険性があります。

クリプトコッカスの原因

冒頭でも触れているように、クリプトコッカス症の原因は、クリプトコッカスというカビ(真菌)です。カビは空気中や土壌中など、あらゆる場所に広く存在しています。そのカビを犬が吸い込むことで、感染してしまいます。

クリプトコッカス症の治療

クリプトコッカスの治療と予防

クリプトコッカス症の治療としては、薬物療法が行われます。まずはカビ(真菌)を除去するために、抗生剤を投与し、さらに鼻炎や皮膚炎、目の症状などの対処療法を施します。感染部位によっては投薬方法なども異なることもありますから、獣医師とよく相談したうえで治療方法を決めていきましょう。

犬の生活環境下には数多くのカビが存在するため、クリプトコッカス症を予防することはとても難しいことです。ただ、普段から愛犬の衛生管理をしっかりと行うことで、クリプトコッカス症を発症するリスクを減らすことができます。