コロナウイルス感染症|病名と症状から調べる犬の病気

コロナウイルス感染症「犬の病気」

コロナウイルス感染症にかかると、腸炎を引き起こすことからコロナウイルス腸炎とも呼ばれます。成犬は発症しても症状が出ることは少ないですが、子犬がかかると強い症状が現れることもあります。

コロナウイルス感染症の主な症状

成犬がコロナウイルス感染症にかかっても、その多くは無症状です。もし、何らかの症状が見られる場合でも、次のような軽いものになります。

  • 軽い下痢や嘔吐
  • 食欲低下

一方で、子犬がコロナウイルス感染症を発症した場合は、これらの症状が強く出る可能性があります。中でも下痢が長引くと、脱水症状を引き起こすことがあるため注意が必要です。

コロナウイルス感染症の原因

すでにコロナウイルスに感染している犬の排泄物のニオイを嗅いだり、口にすることで感染してしまいます。特に、子犬には他の犬の排泄物に近づかせないよう、充分気をつけましょう。

免疫力が低下していると、ウイルスにも感染しやすくなります。免疫力低下の原因としては、他の病気による体調不良以外に、過度の精神的ストレスも挙げられます。不衛生な飼育環境をはじめ、他の犬との接触やドッグショーへの参加などもストレスの原因となることがあるため気をつけましょう。

コロナウイルス感染症の治療と予防

コロナウイルス感染症の治療は、主に点滴と食事制限が行われます。症状が軽ければ、このような治療により、1~2日で回復するでしょう。脱水症状を起こしている場合や他のウイルスや細菌にも感染しているような場合は、抗生剤投与などの薬物治療が行われます。

コロナウイルス感染症を予防するためには、混合ワクチンの接種が効果的と言われています。子犬の時から、しっかりと必要な回数のワクチン接種を受けることをお勧めします。