コクシジウム症|病名と症状から調べる犬の病気

コクシジウム症

コクシジウムと呼ばれる小さな原虫が多数寄生することで発症するのが、コクシジウム症という病気です。下痢や脱水症状などが見られるこの病気は、特に子犬が発症しやすいので、充分気をつけましょう。

主な症状

コクシジウム症の主な症状には、次のようなものがあります。

  • 下痢
  • 脱水
  • 食欲低下
  • 発熱
  • 元気がない

コクシジウム症になると多くの場合、水溶性の下痢が見られますが、時には血便になることもあります。また、犬が幼ければ幼いほど脱水症状が重症化しやすく、嘔吐や食欲低下などを引き起こしやすいと言われています。このような症状は成長不良の原因にもなりかねないので、注意が必要です。

基本的には子犬が発症しやすいですが、成犬もかからないわけではありません。軽い下痢症状が出るくらいですが、コクシジウムだけでなく他の寄生虫に感染していたりすると、下痢の症状が悪化する場合もあります。

原因

コクシジウム症の原因は、犬がコクシジウムという寄生虫に感染してしまうことです。コクシジウム症を発症している他の犬の排泄物に混ざっている寄生虫が、何らかの原因で愛犬の口に入り感染します。症状が治まってからも、しばらくは排泄物と共に寄生虫を排泄するので、他の子へうつさないように接触は避けるようにしましょう。

治療法

コクシジウム症の治療としては、主に薬物療法が行われます。まずは、1週間ほど投薬し、それでも症状が改善されない場合は、治療を続けることになります。加えて、脱水を起こしている子には、点滴治療も行います。

再発を予防

コクシジウム症は、一般的に再発しやすい病気とされています。そのため、予防が肝心です。コクシジウム症を予防するには、飼育環境を清潔に保たなければなりません。ケージやサークル内などにある排泄物は、できるだけすぐ取り除くようにしましょう。飼育環境をきれいにしておくことはコクシジウム症に限らず、他の感染症予防にも役立ちます。