白内障|病名と症状から調べる犬の病気

白内障

老犬には決して珍しい病気ではない白内障。多いからと言って、気にしなくてもいいわけではありません。早期に対応することで、進行を抑える事ができるからです。

主な症状

目に見える白内障の症状は、目が白く濁って見えることです。水晶体が濁ることで視力が落ちていきます。症状の現れ方は様々で、急激に視力が低下して失明することもありますし、ゆっくりと何年もかけて進行していく場合もあります。

  • 瞳の奥が白く濁る
  • 歩くときに周囲にぶつかるようになる
  • 動きがぎこちない

上記の症状の進行の仕方は、原因によって変わります。白内障初期では気づかないことも多いので、愛犬とアイコンタクトをとりながら、日頃からチェックする必要があります。

原因

多い原因として、加齢によるものがあります。人間でもそうですが、犬も歳をとると加齢性白内障にかかりやすいと言うことです。後天性で白内障になる場合には、加齢の他に、怪我や糖尿病、目の疾患などがありますが、先天性では、先天性白内障という、生まれつき水晶体に濁りのある者などがあります。遺伝的なものでは、まだ若い犬でも症状の出る、若年性白内障があります。

治療

白内障の症状に早く気がついていれば早期治療が可能ですので、点眼薬や内服薬で白内障の進行を抑える事ができます。日常生活が困難なほど白内障が進行している場合は、網膜が萎縮していない場合に限り、手術が行われます。網膜に萎縮が起こっていると、手術をしても回復は見込めません。こうした事から、早期発見がどれだけ重要かお分かりになるでしょう。愛犬に辛い思いをさせないためにも、早期発見、早期治療が必要なのです。