犬が食べてはいけないもの、あげてはいけない食べ物

犬にはNGの食べ物

ペットフードは様々な種類が市販されています。ドライフード、半生タイプ、缶詰、専門食など色々ですね。
でも、中には手作り食を与えている人もいるでしょうし、本来は絶対やってはいけないことですが、人間の食べ物を一口だけと与える人もいるでしょう。

犬には絶対与えてはいけない食べ物があるのです。

犬への危険度:高

犬にとって危険度の高い食材・食べ物です。ご存知の方も多いかもしれませんが、再確認してください。

ネギ類 玉ねぎ中毒という言葉は犬を飼っている人であればご存知でしょう。長ネギ、玉ねぎ、ニラなどがそうです。ネギ類に含まれる成分が赤血球を破壊していまいます。玉ねぎたっぷりのハンバーグを食べてしまい、残念な結果になった例もあります。
症状血尿:衰弱:胃腸障害:心拍増加
カカオ類 チョコレートやココア等が当てはまります。カカオの入っている量が多い程危険度は高まります。致死量は犬の大きさ、体重によって違いますが、与えないのが一番です。
症状興奮:痙攣:嘔吐:不整脈:心拍増加
ぶどう ぶどうやレーズンも犬には危険度が高いですが、個々によって違い、全く症状がでない場合もあります。重度になると腎不全で命を落としますので与えないようにしましょう。
症状数時間後から嘔吐、腹痛、下痢、3日後~腎不全。重度の場合死亡
マカデミアナッツ 詳細は分かっていませんが、ぶどうと同様に有害と言われています。
症状震え:筋硬直:高熱:嘔吐:心拍増加
アボガド 犬だけではなく、うさぎや鳥などの小さな動物にも危険とされています。動物にとって有害な物質は葉、果実、種など、全てにおいて当てはまります。
アボガドには数多くの種類がありますが、多く市販されているグアテマラ系が最も危険と言われています。
症状下痢:嘔吐:胃腸障害
キシリトール 甘味料として、ガムなどにも使われているのでご存知の方も多いでしょう。少量でもあっという間に血糖値が下がり、犬にとっては危険な成分です。
症状血糖値低下:歩行困難:嘔吐:内出血:肝不全
その他 人間用の医薬品、栄養補助食品、サプリメントなど最も危険です。症状も多岐に渡るため、誤飲に気づいた時点ですぐに獣医の診察を受けましょう。

犬への危険度:中

危険度の程度が中だからと言って、与えてもいいと言うものでもありません。中にはついつい与えてしまっているものもあるのではないでしょうか。

にんにく ガーリックパウダーやオイルも含まれます。ネギ類と同じ成分が含まれていますが少量です。大量摂取した場合は注意が必要です。
症状嘔吐:衰弱:血尿:心拍増加
スルメ 胃で膨らむスルメは大量摂取すると食道に詰まり、吐き戻しもできなかったり、腸に詰まり危険です。
症状胃腸障害:元気がない
鶏・鯛の骨 犬=骨というイメージがあるかもしれませんが、硬い骨はとがった状態で割れるため、内臓を傷つけてしまいます。
症状喉の炎症:嘔吐:胃腸障害
きのこ 市販のきのこはおおむね問題ありませんが、野生のきのこは危険です。
症状肝臓障害:腎臓障害:重度の胃腸障害
あわび・サザエ あわびやサザエだけではなく、トリガイやトコブシも当てはまります。春先は貝の毒素も強くなるため、特に注意が必要です。
症状光線過敏症:毛の薄い部分の腫れや痒み
イーストパン 生イーストは胃で膨張し、アルコールを形成するため、大変危険です。
カフェイン コーヒーだけではなく、お茶などにも含まれています。
症状心臓・神経系の異常
アルコール アルコールは少量でも犬には危険です。
症状震え:昏睡:嘔吐:下痢:中枢神経の抑制:アシドーシス

犬への危険度:低

命に関わることはほとんどありませんが、食べ過ぎると要注意のものです。

消化の悪い物 こんにゃくやナッツ類、トウモロコシなど、消化の悪いものは与えるべきではありません。
症状下痢:消化不良
生卵 卵白がビタミンB群の一種を分解してしまいます。逆に熱を通すと栄養もあり、優れた食品となります。
症状下痢:結膜炎:皮膚炎
レバー 食べ過ぎるとビタミンA過剰症になります。
症状脊髄変形:治療しなければ寝たきりになってしまいます。
ほうれん草 シュウ酸が結石を作る原因になります。茹でると若干シュウ酸は減ります。
症状結石
野菜類 犬は野菜に含まれるセルロースを消化できません。適量であればとても良い食材なので、細かく切るなどして与えると良いでしょう。
症状下痢:便秘
ピーナッツ 半分以上が油分で、マグネシウムも多いため結石の原因にもなります。
症状肥満:腎臓病:糖尿病:結石
イカ・タコ
貝類・甲殻類
淡水魚
全て生の場合に限りますが、貝類はアサリ、シジミ、ハマグリ、エビなど。淡水魚はコイ、マス、ニシンなどですが、大量に摂取するとビタミンB1欠乏症になる場合があります。熱を加えると問題ありません。
症状嘔吐:食欲低下:症状が進んだ場合は痙攣:神経障害
青魚 過食を長期間続けると、脂肪が酸化するために黄色脂肪症になります。すぐに症状が出るわけではなく、慢性的な食事の偏りが原因になります。
症状痛みを伴う皮膚の下のしこり。治療には時間がかかる。

出典元:

●ASPCA(米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)http://www.aspca.org/)