ペットサロンで犬のケア をしよう

犬のペットサロン

可愛い愛犬の毛が伸びてぼーぼー。そろそろペットサロンへ……。ペットサロン帰りの愛犬はふわふわでとっても可愛いですね。

プロのトリマーの手で仕上げてもらう際は、細かく注文を出した方がいいでしょう。

愛犬の為にこれだけは守りましょう

愛犬をペットサロンにお願いする場合、狂犬病予防接種、混合ワクチンをしている必要があります。
綺麗に可愛く、清潔になるためにペットサロンに行くのに、もしも万が一病気をうつされてはたまりませんし、その逆もありです。

ペットサロンだけではなく、ドッグランやペット連れで宿泊できる旅館やホテルも同様に、ワクチンを接種していなければNGな場所は多いです。
中にはワクチンの接種証明書がなければいけない所もあります。

ペットサロンの選び方

では、どんなサロンがいいでしょう。
ペットショップと併設しているところはガラス張りになっていて、様子を見ることができる所も多いです。
専門店では様子を見れる所は少ないですが、申し出ると見せてくれるサロンもあります。

飼い主主観で考えると、様子が見れる所の方がいいでしょう。

犬のサロン選びのポイントは2回目以降

初めてのサロンでは分りませんが、2回目以降、良いサロンかそうでないかが分ります。

2回目以降、愛犬が極端に嫌がるようであれば、そこのサロンとは相性が悪いのでやめた方がいいかもしれません。

飼い主の目がない状態で、言うことをきかない子に対し、トリマーがヒステリーを起こして叩いているのを偶然見てしまったことがあります。
カット後におめかしをさせて写真を撮り、カレンダーにして持たせてくれるサロンでしたが二度と行きませんでした。

うちの子(犬)大丈夫?

うちの子大丈夫?

人見知りが激しい、気性が荒くて自分ではとてもカットができない。
そんな子でも、飼い主と離れると聞き訳が良くなる子が多いとトリマーさんは言います。

「自宅ではやんちゃでも、サロンではおとなしいですよ。飼い主さんが心配するほどでもないんです」

とのことです。でも、極端すぎるくらい気が小さいと、飼い主がいない状況にパニックになる子も中にはいます。
トリミング台から飛び降りて骨折した子もいます。

そういう場合、サロンに事情を話してそばについていてもいいかどうか聞いてみましょう。