愛犬の爪きりにチャレンジ

犬の爪きりにチャレンジ

猫は自分で爪を研ぎますが、犬はそう言うわけにはいきません。伸び具合を見て飼い主が爪を切ってあげなければいけません。

犬の爪を伸ばしすぎると……

引っ張り癖のある犬であれば、アスファルトで爪が削れて爪きりの必要がない子もいます。
我が家の子は子犬の頃、引っ張り癖がひどく、爪が削れて散歩のたびに爪から出血していたほどです。

逆に、爪を伸ばしすぎるとどうなるでしょう。

爪の中には血管と神経が通っています。
爪を伸ばしっぱなしにしていると、血管も一緒に先に向かって伸びてきます。

爪を長めに切っても出血するようになってしまうので、こまめに爪の長さをチェックして、爪を切ってあげることが大切です。

自分で切るのに向いていない子(犬)

飼い主が自分で爪きりをするのに向いていない子がいます。

極端に爪を触られるのを嫌がり、大暴れする子もいるでしょう。
そういう状態の子を無理矢理押さえつけて爪きりをするのはとても危険ですし、より一層爪きりを嫌がるようになるでしょう。

お金はかかりますが、動物病院やペットサロンで爪きりだけでもしてくれますので、プロに任せた方がいいかもしれません。

自分の知っている獣医さんは、噛む子にはエリザベスカーラーを使っていました。
それをヒントに、我が家ではマズルカバーを使っています。

子犬の頃から慣れさせる

子犬の頃から慣れさせる

犬は足の先が敏感なため、足先を触られるのを嫌がる子も多いです。
爪きりに慣れさせるため、遊びの中で足先を触ってあげたり、子犬の頃から爪を切る習慣をつけておきましょう。

愛犬の爪を切ってみましょう

いよいよ爪きりにチャレンジです。
切る方が怖がると犬にもその気持ちが伝わってしまいますので、おっかなびっくり切らないようにします。

  • 犬用爪きり
  • 止血剤

この2点を用意します。止血剤は流血すると中々止まりませんので、必ず用意しておきましょう。

白い爪の場合 白い爪の場合は光に透かすと血管が見えますので血管まで切らないようにします。
黒い爪の場合 黒い爪の場合は血管がみえませんので、少しずつ断面を確認しながら切ります。

犬用止血剤の使い方

爪を切りすぎて出血した場合、脱脂綿などに止血剤をつけ、出血している爪の先を数分おさえます。

小麦粉などで代用する人もいるようですが、犬を飼っているのであれば止血剤は必要でしょう。

犬の鬼爪を忘れずに

犬には前足に鬼爪があります。ここを切り忘れがちです。
伸びすぎると先が丸まってしまい、大変切りにくくなりますので注意が必要です。