犬の首輪は購入する?手作りする?決め手はなに?

犬の首輪は購入する?手作りする?決め手はなに?

最近では、ペットショップに足を運べば、さまざまな種類の首輪を選ぶことができます。また、普段は仕事などで忙しく、お店まで直接行くことができないというような場合や、近くには、そのようなペットのグッズを取り扱っているお店がないというようなときには、インターネットのショッピングサイトなどでも、気軽に自分好みの首輪を選んで購入できるような時代です。

もちろん、既製品を購入するだけでなく、手作りする人も増えているようです。首輪を購入するか、手作りするか、決めてにするために大切なのは、どのような点でしょうか。

犬の首輪とは

そもそも、犬の首輪とは、意味があって身につけているものです。

まずは、散歩する際にリードをつけるために必要なものであり、リードをつけていない時には、首輪に書かれた名前や住所で犬の身元を示すことができる貴重なものともいえます。

犬は人間の言葉を話すことができないですから、迷子になってしまった時に、自分の家や名前を他の人に伝える手段がありません。

ですから、犬の言葉のかわりになる迷子札のような存在になるのが首輪といえます。

また、鑑札を取り付けるという役割もあります。

犬の首輪の役割

  • リードをつけて散歩ができる
  • 迷子になった時に身元の確認ができる
  • 鑑札から飼い主を特定できる
  • ワクチンを接種している証拠

日本では、飼い犬には狂犬病の予防接種などが義務となっていますから、それらのワクチンをしっかりと接種しているという証拠にもなりますし、万が一、迷子になって保健所に行ったとしても、鑑札から飼い主を割り出して、連絡がくるという可能性もあるので、首輪にはぜひつけておきたいものです。

犬の首輪は機能を考えて

犬の首輪は機能を考えて

そうなると、首輪を購入するとしても、手作りするとしても、これらの機能を果たすことができる首輪ということになります。

また、手作りできる犬の首輪としては、皮素材などは加工がむつかしいので、布で作る場合も多いようです。

でも、犬の首輪の作り方として、注意が必要なのは、やはり強度といえるでしょう。ただし、その家庭によって、首輪の目的も異なってくるので、必ずしも、同じ強度が必要なわけではありません。

布で作った首輪であっても、問題なく使うことができるケースもあるでしょうし、大切なのは、首輪をつける犬が嫌がらないような、犬の負担にならない心地よい首輪を作ることといえます。

これは、首輪を購入する場合でも同じことがいえます。飼い主の好みばかりを重視したり、首輪のデザインばかりに気を取られると、重かったり、ごわごわしていて、着け心地が悪かったりと、さまざまな問題があるでしょう。

人間の言葉を話すことができない犬ですから、長時間身に着けていなくてはならない首輪が、そのように着け心地が悪かったり、必要以上に重かったりするのでは、あまりにも気の毒です。ですから、首輪を購入するにしても、手作りする場合でも、着け心地には一番気をつけることが大切といえるでしょう。

首輪としての強度
愛犬が心地よい素材
重すぎなく装着しやすいもの

首輪につけるのはリード?ハーネス?

首輪につけるのはリード?ハーネス?

近頃では、散歩の際にも、首輪にリードを取り付けるのではなく、ハーネスをしている犬もよく見かけるようになってきたようです。

ハーネスは、体の全体を包み込むようにできているので、お散歩中に引っ張る力が強くて、首が絞めつけられることで、呼吸が苦しくなってしまうようなケースを防ぐことができます。

首輪の用途によっては布で手作り

普段、ハーネスを利用していて、首輪にそれほど強度を求めないというような場合には、布で手作りするのも良いでしょう。布で作るメリットは、手軽に洗うことができるという点です。

特に、室内で飼われている犬は、人間と同じ環境で暮らすことになるので、ダニやノミの問題は深刻です。被毛に覆われている犬の場合には、人間のように毎日お風呂で体中を洗い流すことも難しいですから、普段からのお手入れに気を配る必要がでてきます。首輪をずっとつけたままにしておくと、どうしてもそこの部分が蒸れたりして、犬にとっても痒みの原因になってくるものです。

  • 取替えが容易
  • 手軽に洗うことで清潔さを保つ
  • 首輪の中が蒸れるの軽減
  • 蒸れやすれることによる痒みも軽減

ですから、いくつか洗い替えの首輪を用意しておいて、時折、洗ってあげると、いつでも清潔に使うことができるでしょう。

布製の首輪はお店でも販売されていますが、手作りするのであれば、バッグなどの手持ち部分に使うようなテープを利用すると、簡単に作ることができます。材料費も安くて済みますし、色違いなども気軽に作ることができます。

犬は首輪の色で印象が変わってみえることも多いので、犬にわかるのかは疑問ですが、飼い主にとっては、新鮮で気分転換を楽しむことができるでしょう。

首輪選びは飼い主にとっても新鮮ですし、愛犬の特徴がでて印象がかわります

首輪を手作りや購入する前に素材を確認

首輪を手作りや購入する前に素材を確認

犬の首輪を手作りするような時間がない場合でも、ぴったりな商品は見つかることでしょうから、できれば、購入する前に実際に首輪を手にとってみて、その素材のやわらかさや耐久性、きついにおいがしないか、などを確認すると安心です。

もし、インターネットなどの通信販売で実物を見ないで購入するような際には、できることなら、ショッピングサイトの口コミ情報などをみることができるようなお店で買うようにすると良いでしょう。

実際にその商品を購入した人の感想を読むことができれば、判断材料のひとつになります。

首輪を購入する時には口コミも要チェック!