母犬の出産準備をしよう

出産準備

人間に飼われている犬の出産は、飼い主が手助けする部分も多くありますので、妊娠が分ったら、早めに出産についても準備しておきましょう。
母犬が安心して出産できる環境を作ることが大切です。

母犬の産室を準備する

まず、出産する場所を準備しなければいけません。
これは早めに準備しましょう。

室内犬だと室内を自由に過ごし、飼い主と一緒に寝ている子も多いと思います。
ですが、人間の寝床で出産させるわけにはいきませんので、早めに産室を準備し、その場所に慣れさせてあげなければいけません。

その場所で育児もすることになるので、出産後のことも考えなければいけません。

母犬のサークルを利用する

普段からサークルやケージを利用している場合、そのまま産室にしてもいいでしょう。
できれば上にダンボールなどをかぶせ、落ち着ける空間にします。

出入り口は、生まれた子犬が出てしまわないよう、ある程度の高さでガードしなければいけませんが、母犬の発達した乳房が擦れないような高さにする必要があります。

多頭飼いの場合

多頭飼いで母犬の他にも犬がいる場合、出産時に他の犬がそばにいる場合、落ち着いて出産することが出来ません。

陣痛、出産の最中にストレスを与えないよう、同居犬同士離す練習もしておきます。

母犬の緊急時の出産に備える

緊急時に備える

陣痛が起きても自分で子犬を産み落とすことができない場合があります。
母子共に危険ですので、いつでも獣医さんと連絡がとれるようにしておきましょう。

車には汚れてもいいように清潔なバスタオルも準備しておきます。

母犬の出産時に必要な物の準備

中には用意しておいても使わない物もありますが、必要になったときに無いのはこまります。
一応、必要と思われるものは用意しましょう。

犬用電子体温計 人間用の電子体温計を使います。出産兆候は体温の変化にも現れますので、出産時期が近づいてきたら毎日体温を計測しましょう。
直腸で計測します。
タオル 清潔なタオルを多めに用意しておきます。生まれたての子犬は羊水で濡れていますので、体を拭くために使います。
鳴き声をあげない子犬はタオルにしっかりと包んで口や鼻から羊水を出すために振る時にも使います。
普通の木綿糸で充分です。臍の尾を縛る際に使います。
母犬が臍の尾を噛みきった場合は止血として使います。
ハサミ 臍の尾を切るためですので消毒しておきます。
消毒綿 体温計や糸などを消毒するために使います。
プラスチックの箱にあらかじめ使うものを消毒して入れておくとすぐに使えます。
はかり 1~2kgまではかれる台所用のデジタル式で充分ですが、細かく計測できるものにします。
生まれた子犬の体重を記録しておくために使います。
保温箱 大型犬だと産む頭数も少ないですが、小型犬は多い傾向にあります。母犬が次の子を出産している間、先に生まれた子を入れておきます。
生まれたばかりの子犬は自分で体温調整ができないので必ず準備しておきましょう。ダンボールに清潔なタオルを敷いた物で充分です。
筆記用具 子犬の成長を記録し、順調に育っているか知るために必要です。
生まれた時から毎日記録をつけましょう。

さあ。次はいよいよ出産です!