爪を研ぐ犬の行動からみるその理由!

爪を研ぐ犬の行動からみるその理由!

かつては犬と言えば、番犬として外で飼う家庭がほとんどであり、一戸建てに住んでいる家族が飼うというイメージが強くありました。

ですが時代の流れで一戸建てではなく、アパートやマンションといった集合住宅で暮らす人がかなり多くなったのです。その結果、アパートやマンションでもペットの飼育が可能な物件が多くなり、室内で小型犬を飼う家が増えました。

しかも家族ではなく、一人暮らしの若者も室内で犬を飼うケースも珍しくないです。
そんな風に室内で飼う犬が増えた事により、外で飼っていた時には、気付かなかった様な犬の習性に戸惑う人が珍しくありません。

犬を飼いはじめた飼い主が戸惑う行動

犬を飼っている人の多くが戸惑う習性と言えば、無駄吠えだったりします。アパートやマンションといった集合住宅では特に、犬が無駄吠えしていると近所迷惑になり、最悪な場合、隣近所から苦情が殺到し険悪な関係になる恐れもあるので、飼い主として何とか無駄吠えを止めさせたいと考えるものです。ですがそもそも、無駄吠えというのは人間側が、吠える必要がないケースで犬が吠えていると、勝手に解釈しているだけだったりします。

犬にも要求があるから吼える

犬側からすれば、要求があるからこそ吠えているケースがほとんどです。具体的には、かまって欲しい、散歩に連れて行って欲しい、と要求していたり、不満や恐怖を感じている際の意思表示として吠えているケースがほとんどだったりします。なので無駄吠えだと決め付けて嘆くのではなく、こういう時は吠える必要はない、ときちんとしつけて矯正する事で、無駄吠えを減らす事が可能です。

  • かまってほしい
  • 散歩に行きたい
  • お腹がすいている
  • ストレスがたまっている

犬のマーキングも初めて飼う場合には注意

犬のマーキングも初めて飼う場合には注意

犬の行動として注意すべき事としては、他にもマーキングがあります。犬はマーキングという形で少量のおしっこをする事で、自分の臭いを残して、他の犬とコミュニケーションを取る習性があるのです。なので他人の家の真ん前でマーキングするというのは、避けるべきですが、外で大丈夫な場所であればやらせてあげる事をおすすめします。ただし犬は自分の巣を清潔に保つという習性を、持っています。なのに自分の家でマーキングを行う場合は、何らかのストレス要因や病気の可能性があるので、その際は注意すべきです。

過剰なマーキングには意味があることを考えよう

犬の誤解され易い習性

犬の誤解され易い習性

もっとも犬の行動には誤解され易い習性も、存在していたりするものです。特に誤解されがちなのが、自宅の床等に向かって、一心不乱に穴を掘る様な仕草を続ける行動だったりします。猫の爪とぎの仕草と似ているため、犬の爪とぎだと思い込む飼い主は少なくありません。ですが犬の爪とぎとは、そのままの意味で爪とぎを目的にしている訳ではないので、注意が必要です。そのため、伸びている爪を切ってあげて整えてあげたからといって、その行動がおさまる訳ではなかったりします。

犬の爪とぎの意味とは

犬の爪とぎの意味とは

犬の爪とぎの意味とは、巣穴を作るという犬の先祖から続く習性による行動であるケースが多いです。というのも犬は元々、外で暮らす生き物であり、その時代は地面に穴を掘ってそこを巣穴にして、暮らしていました。そのため、穴を上手く掘れない犬というのは、厳しい自然界では生き残る事が困難であり、生き残るための本能として、穴を掘るという習性は強く犬に刻み込まれてしまったのです。お陰で室内で暮らしている犬もその習性によりついつい穴を掘るという人間にとっては、謎の行動に出てしまいます。

犬そのものの習性だということを理解しよう

犬の穴を掘る行動とは

犬の穴を掘る行動とは

実際、犬の穴を掘る行動は、寝る前に出る事が多いです。この事でも、安全に眠ったり、休むために穴を掘って巣穴を確保していた習性の名残である事が、理解出来ます。もっとも幾ら犬の習性とはいえ、家の床や壁が爪によって傷だらけになるのは、非常拙いです。とはいえ習性なので、無理に止めさせようとしてもなかなか止められない上に、無理に我慢させると今度はストレス要因となります。なのでダンボールや掘って傷が付いても良い物を用意する等して、対処してあげるべきです。

犬の爪とぎは遊びのひとつ

ただしそんな犬の爪とぎは、何も巣穴を作るための習性だけで出る訳ではないので、その点は厄介だったりします。というのも中には犬の爪とぎを、走り回ったりするのと同じく、遊びの1つとして捉えてしまっている犬もいるのです。なので、余りにも爪とぎの行動が多い犬は注意し、習性以外で行わない様にしつける必要があります。

もっとも遊びと習性を見分けるのは難しいですが、明らかに寝ない時間であるのに、掘り始めた場合は、遊びである可能性が高いので、止めさせる様にすべきです。ただししつける際に、気をつけて止めさせないと、犬は堀り始めれば飼い主がかまってくれると勘違いして、学習する恐れがあります。そうなると遊んで欲しい時や、かまって欲しい時に穴を掘る真似事を開始するので、厄介です。

犬に間違ったしつけにならないようしつけをする必要があります

犬もストレスを解消しないと

犬もストレスを解消しないと

犬が穴掘りの行動を行う理由として、ストレスによるケースもあります。というのもろくに散歩に連れて行かず、更に犬にかまってやらずにいると、犬はストレスが溜まってしまうのです。そのため散歩や遊ぶ代わりに、穴堀りを一心不乱に行い、ストレス解消をしようとします。