血液型で犬の性格を判断?!あなたの犬は何型?

血液型で犬の性格を判断?!あなたの犬は何型?

私たち人間に血液型があるように、実は犬にも血液型があることをご存知でしょうか。
しかも犬の場合は人間と異なり、何と10種類以上もの複雑な血液型に分かれていると言われています。

犬の血液型とはDEA式という方式で表現され、DEAというアルファベットから始まる数字の組み合わせによって決まっています。

現在でも犬の血液型については研究が進められており、全てが解明されているわけではありません。現在のところ10種類以上が判明していますが、今後研究が進めばさらに増える可能性もあります。

国際的に正式に認知されているのは、そのうちの8種類もしくは9種類とされています。

犬の血液型と人の血液型の違いとは

犬の血液型と人の血液型の違いとは

人間は一人に付き一つの血液型を持っていますが、犬は一匹で複数の血液型を持つことができます。

それだけ非常に複雑な形態をしているということで、少なくとも2種類以上の血液型を保有していると言われています。

犬種や個体によって差はありますが、DEA1.1やDEA4、DEA6などの血液型を保有している個体が他と比較すると高めになっています。このように血液型を調べることによって、事故などに合って急に輸血が必要になった場合に役立てることができます。

犬も人間と同じように血液に抗原を持っており、異なる血液型の血液を輸血すると抗体反応といって拒絶反応を引き起こしてしまいます。あらかじめ血液型を調べておくことで、緊急時にスムーズに適した輸血を行うことができます。もちろん必須の検査というわけではないので、いざその時になるまで血液検査を受けないことがほとんどです。

犬の血液型による性格の違い

犬の血液型による性格の違い

さて、犬にも血液型があるとなると、気になるのが血液型による性格の違いはあるのかという点です。

人間でも血液型占いなどが流行した時期がありましたが、犬の血液型による特徴というものが存在するのでしょうか。

性格が分かれば、その犬に合った接し方やしつけの仕方なども分かりやすくなりますし、ペットショップなどで事前に分かっていればどんな性格の犬を選ぶかということにも役立てられます。

人間の場合と同じようにあくまでも特徴を表現したものに過ぎず、明確に性格を断言できるわけではありませんが、知ってくといろいろと楽しめます。

動物向けの開発企業が実施している検査

動物向けの開発企業が実施している検査

とある動物向けの薬品を開発製造している企業が実施している検査によると、犬の血液型を便宜的にA型とB型、AB型に分けた場合、それぞれの型でさらに1型と2型、マイナス型という3種類に分けることができます。

  • 1A型
  • 2A型
  • マイナスA型
  • 1B型
  • 2B型
  • マイナスB型
  • 1AB型
  • 2AB型
  • マイナスAB型

1A型の犬の特徴

1A型は個性が強くマイペースで硬派、日本犬に多い血液型となっています。

2A型の犬の特徴

2A型は実直かつ積極的で、感情に素直と日本犬と外国犬のミックスに多く見られます。

マイナスA型の犬の特徴

マイナスA型は自立心や自尊心が強い傾向にあり、秋田犬などに多いとされます。

1B型の犬の特徴

1B型は穏やかで安定を好む傾向にあり、シーズーやチワワなどの海外犬のほか、柴犬も含まれます。

2B型の犬の特徴

2B型は落ち着きがなく活発で少々自分勝手な性格とされており、ダックスフンドやハスキーなどが当てはまります。

マイナスB型の犬の特徴

マイナスB型は明朗快活でこちらも活発、好奇心も旺盛で遊び好きなレトリーバーやビーグルが挙げられます。

1AB型の犬の特徴

1AB型は飼い主に非常に忠実で我慢強く、アフガンハウンドや四国犬など珍しい犬種に多いです。

2AB型の犬の特徴

2AB型は知性的で理解力に優れており、ドーベルマンなど頭の良い犬種です。マイナスAB型は個性が強く独創的で、面白いことが大好きなテリアなどが該当します。

血液型以外でも犬種の個体によっても違いが

血液型以外でも犬種の個体によっても違いが

これらの犬種はあくまでもその傾向が強い犬種というものであり、もちろんドーベルマンだからと言って全ての子が頭が良いというわけではありません。穏やかな性格が多いとされるレトリーバーなどでも、個性が強いマイペースな1A型の血液型を持っている子もいますし、その逆もまた然りです。

実際には犬の血液型はもっと複雑なので一概に上記のようにまとめることはできませんが、傾向としては非常に興味深く当たっている部分も多いです。この性格診断はテレビでも取り上げられ、大いに話題になったので興味のある人は自分の愛犬の血液検査を行ってみると良いでしょう。

血液検査は動物病院などで依頼すれば行ってもらえますし、最近はインターネットで血液を郵送して検査してくれる業者まで登場しています。

犬の血液型のまとめ

犬の血液型のまとめ

このように犬の血液型による性格診断は占いの一種のように楽しむことができますが、あくまでも参考程度に考えておきましょう。犬の血液型以上に性格に影響を与えるのは、やはり毎日どのような環境で生活しているかという点です。

特に生まれてから数ヶ月に経験したことや環境に左右されることが多く、ゆったりとしたお年寄りに飼われていれば穏やかな性格、子供たちが多い賑やかな環境なら活発な性格になると言われたりします。

家族構成やコミュニケーションの取り方によって性格が左右される部分が大きいので、血液型が影響することは少ないとも言えます。

血液型はあくまでも楽しみの一つとして捉え、性格にそこまで深刻にならないようにしましょう。