保健所から犬を迎える場合

保健所

ボランティア団体同様、保健所でも飼い主の様々な事情で飼うことができなくなった犬たちを保護しています。最寄りの保健所に行き、直接犬を引き取る人もいます。

色々な犬種が保護されている保健所が、もしかしたら運命の出会いを果たす場になるかもしれません。

命を救う

保健所や動物愛護センターには、日々何頭もの犬が連れて来られます。保健所などに保護・収容される犬のほとんどは、飼い主の都合で飼えなくなり、捨てられた子たち。一定期間は保護され、引き取り手を探すなどしますが、保護期間を過ぎてしまい引き取り手がなかった子は、殺処分されてしまいます。

ですから、保健所に収容されている子を家族として引き取ることは、命を救うことになるのです。犬にとっては、新しい家族と過ごす新しい毎日が待っている……ということになります。

また、飼い主にとっても、犬を飼う願いが叶うだけでなく、消えていくかもしれなかった大切な命を救うこともでき、一石二鳥なのではないでしょうか。

犬の引き取り方

保健所から犬を引き取る方法、必要書類などは、地域によって異なります。引き取り時に必要なもの一例を紹介します。

  • 身分証明書(運転免許証や健康保険証など)
  • ケージや首輪、リードなど
  • 狂犬病予防法に基づく登録手数料(金額は、各地域で異なります)

上記以外に、保健所によって異なりますが、適正飼養誓約書や飼養許可書、印鑑などが必要になる場合もあります。

譲渡は先着順で行っているところが多く、保健所で譲渡を始める時点で同じ子に対して複数の希望者がいる場合、抽選が行われます。

保健所から犬を迎えたいと考えている人は、あらかじめ保健所に電話連絡して、収容されている犬の情報を確認してから行くようにしてください。

捨て犬の特徴

捨て犬の特徴

保健所に収容されている子の特徴をいくつか見てみましょう。

ほとんどが成犬

比較的成犬が多いです。子犬を……そう考えている場合、少し残念に思うこともあるかもしれません。実際に保健所へ行き、自分の目でしっかり確かめましょう。成犬でも可愛い子が多くいます。

癖を持っている

保健所やボランティア団体などに保護されている子の多くは、少し独特の癖を持っています。猫や小さな子供などの特定の動物を怖がったり、掃除機など特定の音に対して異常に興奮したりします。

このような癖は、新しい飼い主やその家族と触れ合う中で徐々に改善されていくでしょう。

血液検査を受けていない

直接保健所から犬を引き取った場合、ほとんどの子が血液検査を受けていません。様々な病気をチェックするためにも、動物病院で検査を受けることをお勧めします。

犬の健康状態を確かめたうえで、新しい生活をスタートさせましょう。