犬の飼い主「里親」になる

犬の里親

様々な理由で飼うことができなくなってしまった犬の里親を探しているボランティア団体などがあります。
無償で譲り受けることができる里親制度を利用して、犬を迎えるのも方法の一つです。

犬の里親制度を知ろう

里親制度を利用すると、無償で犬を譲渡してもらうことが可能です。ワクチン接種代や去勢費用などの実費のみが飼い主側の自己負担となります。

さて、里親になりたいと思ったら、どこに連絡すれば良いのでしょうか。ここで、いくつかの例を挙げます。

ボランティア団体での里親探し

飼い主の都合で飼い続けることができなくなったり、捨てられてしまった犬を引き取って、育ててくれる里親を探しているボランティア団体やNPO法人が数多くあります。施設によって預かっている犬種や頭数も違います。

インターネット検索をして、里親募集中のボランティア団体の情報を色々集めてみましょう。

動物病院での犬の里親探し

動物病院でも時々、里親募集の張り紙をしていることがあります。外からでも見えるように貼っているところもあれば、院内に貼っている場合もあります。院内に張り紙されているときは、里親になることを検討中との旨を伝えると、快く見せてもらえるはずです。
もし院内に里子がいれば、会わせてもらえるでしょう。

個人の家庭での犬の里親探し

飼っている犬が赤ちゃんを沢山産んだけれど、家庭の事情などからすべての赤ちゃんを育てるのが難しいケースもあります。その場合には、里子に出す家庭も多いです。

インターネット上には、里親募集の掲示板サイトが数多く存在しているので、そのような掲示板で犬を探してみるのも良いかもしれません。

犬の里親として聞くべきこと

ボランティア団体や動物病院、個人の家庭など引き取り先にかかわらず、次のことは聞いておくようにしましょう。

  • フードの種類・量・与える頻度
  • トイレのしつけ状況
  • 外飼いか、室内飼いか
  • 運動量

特にフードに関しては、いつもとは違うものをあげてアレルギーが出てしまうこともあるため、しっかり確認しておくことをお勧めします。それ以外にも、成犬の場合は、性格なども聞いておくようにしましょう。

里親のところに先住犬がいる場合、その子との相性の良さも重要になってきます。

悲しい過去を持つ子(犬)には

悲しい過去を持つ子(犬)には

里親に引き取られるのを待っている里子の中には、前の飼い主の飼育放棄など悲しい過去を持つ子も沢山いるでしょう。このような子には特にたっぷりと愛情を注いであげてください。

悲しい過去を持っている場合は人間不信になっている子も多く、最初は怯えていたり、逆に凶暴になっていたりすることもありますが、徐々に新しい環境に慣れさせて、コミュニケーションをとっていくように心がけましょう。

焦らず、ゆっくり……これが基本です。