屋外で起きやすい犬の事故と愛犬のための防災対策を考えてみた

室内で起きやすい飼い犬の事故

犬を室内で飼っている場合、大事な愛犬が様々な事故に遭ってケガなどをしないように気をつけなければいけません。

「室内飼いだから安心」と思っている人も多いかもしれませんが、室内にも犬にとっての危険な場所は多々あります。

犬を飼ううえで気をつけるべき場所

愛犬が事故に遭うことなく安心して暮らせるように、室内にある犬にとっての危険な場所はしっかりとチェックしておきましょう。

ここでは、場所別に確認しておくべき点を紹介します。

玄関は飼い犬の事故が起こりやすい場所

まずは、玄関です。玄関のドアを開けた途端に、犬が飛び出してしまうことがよくあります。
特に交通量の激しい道路に面している家は、飛び出した瞬間に交通事故に遭ってしまう可能性もあるので要注意です。

玄関から出られないようにペットフェンスなどを取り付けるようにしましょう。

階段は犬でもケガをしやすい場所

犬の場合、鼻先の近くはよく見えていないと言われているため、階段を踏み外してケガをするケースも多くあります。
できれば階段を使わずに生活できることが理想的ですが、やむを得ず階段を使わなければならない場合は、抱いて上り下りすることも方法の一つです。

その他、犬は椅子の上などから飛び降りただけで、足を骨折してしまうことも少なくありません。

犬にとってのキッチンは危険の多い場所

キッチンには、ネギなど犬にとっては有害な食材がありますし、包丁などの刃物や火気など危険が多い場所です。

愛犬が自由に行き来できないようなところにキッチンがあると望ましいですが、そうでない場合はペットフェンスなどを利用して、キッチンへは入ってくることができないように工夫しなければなりません。

浴室も犬の事故が置きやすい場所

浴室も、愛犬が事故に遭いやすい場所の一つです。洗濯洗剤やシャンプーをなめてしまったり、浴槽の中に落ちてしまったなど様々な事故が考えられます。
脱衣室や浴室の扉はしっかり閉めておくようにしましょう。

また、洗剤やシャンプーなどは犬が届かないところに仕舞うことをお勧めします。

バルコニーからの犬の転落に注意

室内でのペットの事故で、意外にもよくあるのが2階以上のバルコニーからの転落です。
特に小型犬は、少しの隙間からでも落ちてしまうことがあります。

転落防止だけではなく、脱走防止の意味でもフェンスなどを設置すると良いでしょう。

成犬の飼い方 成長している犬を飼うメリット

その他の飼い犬の事故

その他の犬の事故

上記以外にも、犬の室内飼いで注意すべきこと(事故)がいくつかあります。

犬が誤飲するケース

室内には犬にとって有害な食べ物以外にも、たばこやアクセサリー、乾電池など誤飲に気をつけなければならないものが沢山あります。

飼い主にとって一番怖い室内での事故は、誤飲と言っても過言ではないでしょう。

フローリングは犬の足も滑る場所

室内飼いの落とし穴とも言えるのが、フローリングです。
夏は涼しいですし、凹凸もなく歩きやすそうに思いますが、犬が走った際に足を滑らせてしまうことがよくあります。

できれば、フローリング部分にはカーペットを敷くなどして滑らないようにしてあげましょう。

愛犬と災害時に備えて

私たちは、いつ何時どんな災害に見舞われるか分かりません。
突然の地震や火災などの際、どのようにして愛犬を守るかを日頃から考えておくことが大切です。

地震などによって窓ガラスが割れた場合に備えて、すぐ床に敷けるように古毛布などを準備しておきましょう。
また、犬を迎えた時点で、室内の落下物から身を守るための飼育場所をしっかり考えましょう。

地震対策として、家具の転倒防止器具などを利用するのもお勧めです。

子犬の飼い方

屋外で起きやすい犬の事故

屋外で起きやすい犬の事故

犬を室内飼いする人が多い中、大型犬などを迎えて室内では飼えずに庭などの屋外で飼う人もいます。
やむを得ない理由で犬を屋外で飼う場合に起きやすい事故、その対策などを見ていきましょう。

飼い犬の気をつけるべき場所

屋外で犬を飼うと、どうしても飼い主の目が届きにくくなるため、見ていない間に愛犬がどんな事故に遭うか分かりません。
事故が起きないように、対策を講じる必要があります。

飼い犬の家の塀

家の塀を飛び越えたり、塀の隙間をすり抜けて犬が道路に飛び出してしまうことがあります。
ある程度高い塀であれば飛び越えられませんが、隙間から外に出ることができる場合も多いので気をつけなければなりません。

頑丈なフェンスなどでしっかり庭を囲いましょう。

家庭菜園やガーデニングエリア

野菜や果物などを栽培している家庭菜園はもちろんのこと、草花を植えているガーデニングエリアも、犬にとっては危険な場所です。
荒らされないようにするためだけでなく、毒性のある植物などを犬が食べてしまわないようにする必要があります。

家庭菜園やガーデニングエリアもネットやフェンスで囲うことをお勧めします。

犬が食べると危険な草花の一例 アイビー、ポトス、ポインセチア、ストレリチア、スパティフィラム、ディフェンバキア、すずらん、ジャスミン、カラー、チューリップ、スイセン、クロッカス、あじさい、シクラメン、彼岸花など

犬の物置

屋外にあるもの物置には、どの家庭も使わないものなどを色々と入れてあるでしょう。
ガーデニンググッズや農機具、除草剤など危険性の高いものも多いはずです。

犬は物置に自由に出入りできないように、鍵はしっかりかけておきましょう。

犬と池

庭に小さな池などがある場合、そこは犬にとって大好きな遊び場の一つになります。

ですが、特に夏場、このような池では大量の蚊が繁殖してしまうことも考えられます。
その池の水をもし愛犬が飲んでしまったら、健康に悪影響を及ぼすかもしれません。

また、蚊の発生によってフィラリアにかかる確率も高くなります。
もし使わないのなら、埋めてしまうのが一番安全です。

犬が人や体を舐めるのはなぜ?舐める意味や理由とは

犬小屋の設置場所

犬小屋の設置場所

屋外で犬を飼う場合でも、室内と同様に安心できる場所を作ってあげる必要があります。

ひさしの下やカーポート内など、雨や直射日光があたらない場所に犬小屋を設置すると良いでしょう。
また、屋外飼いで多くの場合は、犬小屋のそばに鎖やリードで繋いでいるので大丈夫だとは思いますが、周囲の物音などに驚いて急に飛び出していくようなことを防ぐために交通量が激しい道路に面したところに犬小屋を設置しないようにしましょう。

さらに、光るものや揺れるもの、ヒラヒラ動くもの、甲高い音などは犬にとってストレスの原因になります。
これらの要素がない場所に犬小屋を置くと、落ち着けるでしょう。

飼い犬の災害時に備えて

屋外に犬小屋を設置する際には、何らかの災害が発生したときのことも考慮しておかなければなりません。

最近は既製品ではなく、専門業者にオーダーメイドで、犬小屋を作ってもらう人も増えています。

防音をはじめ、防水、耐震など様々な性能を兼ね備えた犬小屋をオーダーメイドできます。

犬小屋の防音

とても優れた聴力を持つ犬は、小さな音にも敏感に反応します。
日頃の防音対策に加え、災害時の大きな音もシャットアウトできるよう、防音加工が施すのが望ましいです。

犬小屋の防水

豪雨などの際でも小屋が浸水しないように、防水加工を施してもらいましょう。
また、どうしても雨があたってしまう場所に犬小屋を設置する場合、軒を少し広めに作ってもらうと良いでしょう。

犬小屋の耐震

地震発生時、愛犬がケガをしないように、耐震屋根にすることも重要です。
犬小屋の屋根に耐震性を持たせることで、万が一飼い主が済む家の屋根が崩れ落ちてきたとしても、犬小屋の倒壊を防ぐことができます。

保健所へ愛犬を登録


犬の防災対策を災害の多い今だからこそ考える

犬の防災対策

災害が起こった時、愛犬の命を守れるのは私たち人間だけです。
特に防災対策は飼い主が準備しておくべきことなのです。

どんなことをしておけばいいのでしょうか。

ペットもパニックに

災害時には人間だけではなく、犬達も体の大きさに関係なくパニックになります。
飼い主の制御もきかず、外に飛び出して行ってしまう可能性もあります。

ここで必要になるのは、愛犬が行方不明になった時、飼い主が分るように迷子札をつけておくことです。

お手・おかわり・ふせ・お座り・ダメなど最低限憶えておきたい犬のしつけ

非常時には犬用の水とフード

人間が被災すると避難所に食べ物が配給されますが、ペットはそういうわけにはいきません。

人間の食べ物を分け与えればいいと思うかもしれませんが、犬には食べさせてはいけない食材も多いのです。

ですから、非常時のために、水とフードを準備しておきましょう。
少なくとも1週間分は必要です。

大型犬の場合は必要な水もフードも多めになりますが、なお更事前の準備が必要です。

犬の権勢症候群と順位付けと愛犬の拾い食いに注意!飼い主に必要なこと

犬も人と同様に水分が大事

人も犬も、災害時には食べ物も大事ですが、水が最も大事です。

人間は水以外にもお茶やジュースなどを摂取することはできますが、犬はそうもいきません。
特に、準備しているのがドライフードの場合、水は必須になります。

その点、缶詰やレトルトのフードだと水分も多く、フードからの水分補給が可能になります。

犬はどこに避難する?

犬はどこに避難する?

ペットを連れていると、避難所に入れない場合があります。
そんなときにあると便利なのが、折りたたみ式になっているサークルです。

普段はコンパクトにたたまれていて、袋から出すと広がってサークルになります。

外につながれているのとは違い、サークルの中ではある程度自由にできますし、脱走の心配もありません。
避難所の裏手などに置かせてもらうといいでしょう。

また、飼い主が避難所に行けず、車などで寝泊りする際も、折りたたみ式サークルがあると便利です。

犬のトイレ問題

トイレは犬を飼っていない人にしてみると、嫌悪感以外の何ものでもないでしょう。

トイレシートを多めに用意しておき、においの漏れない入れ物に入れなければいけません。
また、男の子の場合、マーキング癖があることも。マナーベルトを準備しておくことも大事です。

待て・トイレトレーニング・ハウス・アイコンタクトでのしつけ方

その他

その他にあると便利なものとして、キャリーバッグ、シューズ、タオル、消毒液や包帯、毛布などがあると便利でしょう。

犬の権勢症候群と順位付けと愛犬の拾い食いに注意!飼い主に必要なこと