犬用消臭グッズ・消臭対策

消臭グッズ・消臭対策

犬を飼っていると、様々なことが原因で臭いが気になるでしょう。

犬の体臭、トイレの臭い、気になりませんか?飼い主が気になるということは、来客はもっと気になるでしょう。
日頃から消臭対策が必要です。

犬の体臭

犬の体臭

犬種によって違いますが、体臭が出にくい犬種もいます。

一方、たれ耳の犬種は耳のケアをしてあげなければ耳から悪臭がするようになりますし、歯磨きケアをしていなければ、かなり口臭がきつくなります。
子犬の頃からオーラルケアに慣れさせなければいけません。

また、涙焼けがひどい場合、目の周囲から悪臭がすることもあります。
目の周りのケアも大切です。

定期的にシャンプーすることを心がけましょう。

犬のトイレ

トイレ

トイレはおしっこや排便をする場所ですので、清潔を心がけていなければすぐに悪臭になります。

排便をしたときには臭いだけではなく、食糞を防ぐ意味でもすぐに処理しましょう。
トイレからおしっこがはみ出したときにも、すぐに拭き取りましょう。

足におしっこがつき、そのまま床やカーペットの上を歩くことでも臭いの原因になります。

犬の臭いを消すもの

臭いを消すもの

ペット用消臭剤など、様々なものが市販されていますが、あくまでも補助的なものとして使いましょう。

出ている臭いを誤魔化すのは一時的なものですから、臭いを根本から対策しなければ意味がありません。

空気清浄機

犬を飼っているのであれば必須とも言えるでしょう。
脱臭機能がついているものを使いましょう。

使っているといないでは、臭いにかなりの差が出ます。

犬の消臭スプレー

消臭剤や消臭スプレーも数多くありますが、どれを使っていいのか分からないかもしれません。

消臭効果もそれぞれで、気休め程度のものから、バッチリ消臭してくれるものまで。
でも忘れないでほしいのが、犬の臭覚は人間とは比べ物にならないということです。

なので、香り付きの物はやめましょう。

香りがついているため、消臭スプレーをした場所に、男の子だとマーキングをしてしまう可能性があります。
これでは全く意味がありません。

手作り消臭スプレー

消臭スプレーを自分で作ってみましょう。
不要なものは入っていないので、仮に愛犬が舐めてしまっても安心です。

クエン酸スプレー

アルカリ性のアンモニア臭をクエン酸の酸性で中和し、トイレの臭いを解消します。

スプーン1杯のクエン酸を10倍に薄めるだけです。
これをスプレーボトルに作って臭いの気になる場所に吹きつけるだけです。

重曹スプレー

重曹もアンモニア臭を元から消してくれる優れものです。

250mlの水に10gの重曹を溶かし、白く濁った状態から透明になったら原液の出来上がりです。

この原液を10倍に薄めて使います。
スプレーボトルに移し変えて使いましょう。原液は冷蔵庫で保管します。

ペットボトルに原液を入れておくと、キャップもしっかり閉められるので便利です。

シェアする

フォローする

トップへ戻る